ヤングアダルトってなに?

Young Adult(ヤングアダルト)略してYA(ワイエー)を知っていますか?アメリカで13歳から19歳の世代の人たちに対して使われている言葉で、「若いおとな」という意味です。この年代は、心の揺れ動きがもっとも激しい時期。まさに「読書」がいちばん必要なときといえるでしょう。本を読むきっかけはいろいろです。YAの世代の人たちであれば、先生や家族から面白いよと教えてもらうこともあるだろうし、友達から口コミで伝わってくることもあるでしょう。図書館の人にすすめられることもあるかもしれません。一冊の本との出会いはきっと、それからの人生に大きな影響をあたえてくれることでしょう。
そんな出会いの場を、より多く作ろうと取り組んでいるのがヤングアダルト出版会です。

FAQ

Q ヤングアダルトとは何のことをさすのでしょうか?
A ヤングアダルトとは、「子どもと大人の間の世代」つまり「子どもでも大人でもない世代」のことです。 具体的には中高校生を中心とする13歳から19歳を想定していますが、実際の読者は20代から30代と幅広い層になっています。

Q ヤングアダルトというネーミングの由来は?
A ヤングアダルト(略称YA)という言葉は、第2次大戦後、米国の公共図書館が、ティーンエイジャーを子どもとして扱うのではなく、大人として遇すべきだという考えから使い出したといわれています。

Q いつごろからどういった経緯で「ヤングアダルト」という言葉を使うようになったのですか?
A 米国の公共図書館がティーンエイジャーに対する専門サービスの必要性を意識し始めたのはかなり古く、最初の実践は1919年ニューヨーク公共図書館で開始されたそうです。第2次大戦後。さらに本格的に重視されるようになり、米国図書館協会にYA部が設置されたのは1957年のことでした。日本のYA出版会が発足したのは1979年です。

おすすめ書籍

YA出版会のおすすめ書籍はこちら!
  • アルケミスト

    パウロ・コエーリョ 著山川紘矢・亜希子 訳

    羊飼いの少年が、ある日ピラミッドのそばで宝物を見つける夢を見ました。少年は夢を追って旅に出ます。

    定価(1456円+税) 地湧社

  • ショート・ストーリーズ うそつきの天才

    ウルフ・スタルク 作 菱木晃子 訳 はたこうしろう 絵

    先生や級友はもとより、自分自身をも感涙させてしまう見事なウルフ少年のうそ。少年時代の夢や悩みの物語

    定価(1200円+税) 小峰書店

  • 普及版 数の悪魔

    エンツェンスベルガー 著 ベルナー 絵 丘沢静也 訳

    はてしない数の世界の魅力をやさしくおもしろく解き明かす。数学ずきも数学ぎらいも大満足の一冊です!

    定価(1600円+税) 晶文社

  • くまとやまねこ

    湯本香樹実 文 酒井駒子 絵

    ぼくたちは ずっとずっといっしょなんだ。友だちをなくし哀しみに閉じこもるくま。だが花咲く時は訪れ……。

    定価(1300円+税) 河出書房新社

  • 新装版 ソフィーの世界(上)哲学者からの不思議な手紙

    ヨースタイン・ゴルデル 著 須田朗 監修 池田香代子 訳

    なぜ生きるの? 人間とはなに? そう思ったら哲学の入り口、『ソフィーの世界』の入り口です。

    定価(1000円+税) NHK出版

  • 〈勾玉〉三部作 空色勾玉

    荻原規子 作

    神々が地上を歩いていた古代日本。光と闇がせめぎあう戦乱の世を舞台に織り上げたファンタジーの金字塔。

    定価(1700円+税) 徳間書店

  • そんな軽い命なら私にください 余命ゼロ いのちのメッセージ

    渡部成俊 著

    突然のガン、余命宣告から苦しみの末に見つけた「いきる意味」。 大きな反響を呼んだ「いのちの授業」を完全書籍化。

    定価(1500円+税) 大和書房

  • ダヤンの長編ファンタジー ダヤン、わちふぃーるどへ 

    池田あきこ 著

    不思議の国わちふぃーるどへやってきた、猫のダヤンの冒険を描く長編ファンタジーシリーズの第1弾。

    定価(1300円+税) ほるぷ出版

  • ドロップアウトのえらいひと

    森永博志 著

    街や社会では変わり者といわれても、自分らしい最高の生き方を手に入れた“えらいひと”たちの物語。

    定価(1500円+税) 東京書籍

  • 星新一ショートショートセレクション ねらわれた星

    星新一 著 和田誠 絵

    残こくな宇宙生物たちが、人間をやっつけるため、皮を溶かすという恐ろしいウィルスをばらまきますが……。

    定価(1300円+税) 理論社

  • ハッピーバースデー 文芸書版

    青木和雄 作 吉富多美 作

    母親からの精神的虐待で声を失う少女・あすかの物語「ハッピーバースデー」。涙を誘う感動作!

    定価(1200円+税) 金の星社

  • この地球を生きる子どもたち ヒットラーのむすめ

    ジャッキー・フレンチ 作さくまゆみこ 訳 北見葉胡 絵

    一人の少女が始めたお話ゲームを通して、身近な問題として「戦争」を考えることのできる1冊。

    定価(1400円+税) 鈴木出版

  • 秘密の花園 新装版

    バーネット 著 グラハム・ラスト 絵 野沢佳織 訳

    突然両親を失ったメアリが、友だちと出会い、生きる喜びを取り戻していく感動の物語。カラー完訳愛蔵版。

    定価(1800円+税) 西村書店

  • マザー・テレサ かぎりない愛の奉仕

    沖守弘 著

    マザーとの対話と多くの写真を通して、その生涯とシスターたちの愛の奉仕を描いた感動のノンフィクション。

    定価(1300円+税) くもん出版

  • 魔女の宅急便 魔女の宅急便 その1

    角野栄子 作 林明子 絵

    魔女のキキと、相棒の黒猫ジジ。喜び悲しみを共にしながら、ひとり立ちしてゆく姿をさわやかに描いた傑作。

    定価(1500円+税) 福音館書店

  • ライ麦畑でつかまえて

    J.D.サリンジャー 著 野崎孝 訳

    おとなの世界に反発し、ニューヨークの街を、たったひとりでさまよう16歳の少年の目に映じたものは?

    定価(880円+税) 白水社

  • “機関銃要塞”の少年たち

    ロバート・ウェストール 作 越智道雄 訳

    子供だと思ってナメるなよ!WWⅡを故郷で闘った少年達の物語。ウェストールの代表作、カーネギー賞受賞。

    定価(1800円+税) 評論社

  • 小さい詩集  あいたくて

    工藤直子 詩 佐野洋子 絵

    「あえてよかった!」大切な誰かに、めずらしい何かにあった時心が温かくなる。そんな気持ちが詰まった詩集。

    定価(1000円+税) 大日本図書








下記より素材のダウンロードができます。

    

図書総目録・ブックガイド購入について

中学校・高等学校・公共図書館 選書利用率 No.1

2016年版 ヤングアダルト図書総目録

学校や図書館でYA本を検索する際に最適なヤングアダルト関連図書総目録です。2016年度版では、133社・約2200点の関連書を収録し、巻頭には、海洋生物学者・渡辺佑基さんのエッセイや、朝の読書実践校からのメッセージも収録しています。大分類・小分類には、「人々はどう生きたか」「科学絵本」など、ヤングアダルト図書の性格を反映した独自の分類を使用。中学生や高校生が手に取りやすく、選びやすい棚やコーナー作りに最適です。 新掲載書名はもちろん、著者検索やシリーズ検索も可能な索引付きです。

購入について

ご購入は、最寄りの書店さんへお申し込みください。頒価(本体286円+税)です。

こんな本が読みたかった!

YA 朝の読書ブックガイド 2016

10代におすすめするYA本・162冊を紹介するブックガイドです。すべての本をカラーで掲載しています。 そのときどきの気分に合わせて本を探せるように、「ハマる」「考える」「チャレンジ」など、7つのジャンルにまとめています。「そうそう、こんな本が読みたかったんだ」、そんな出会いをお届けします。また、一冊ずつに1〜3つのキーワードをつけました。「ミステリ」「ファンタジー」といった本のスタイルや「家族」「友情」といったテーマが分かるようになっています。巻末のインデックスで、キーワードによる検索ができます。そのほか、海洋生物学者・渡辺佑基さんのインタビュー、朝読に取り組む中高生の声など、特集記事もたっぷり! 楽しく読めて、役立つガイドブックです。

購入について

このブックガイド(領価150円)は、当会直接販売の場合、1部につき100円(実費)と、送料のご負担を先払いにてお願いしております。

ご購入代金を【郵便振替】でお支払いください。

ご注文部数送料
1〜20部一律200円
21部以上当会負担(無料)
(例:5部の場合は500円+200円(送料)=700円)

【郵便振替のご案内】
通信欄にお申し込み部数をご記入のうえ、合計金額を下記の口座にお払込みください。
※払込取扱手数料はご負担くださいますようお願いします。
〈口座番号〉   00110-1-594548/加入者名 ヤングアダルト出版会

※お払い込みからお届けま で、現在約1週間~最大2週間前後お時間をいただいております。ご了承くださいませ。

ヤングアダルト出版会について

ヤングアダルト出版会(略してYA出版会)は、YA世代の中学生や高校生が読書をするための環境を整え、YA向けの本の出版を活発にしていくことを目的に発足した出版社の集まりです。1979年にスタートしたYA出版会は、現在15社で活動しています。
YA出版会はこんな取り組みをしています。
  • 各地の図書館へYAコーナーの常設をお願いしたり、選書についての意見交換をしています!
  • 全国の書店さんへ、YA向けの棚の設置やYAフェアを実施してもらえるよう働きかけています!
  • 新聞紙上でYA書評欄の設置をお願いし、多くの本が紹介されるよう取り組んでいます!
  • YA向けの本選びにかかせない『ヤングアダルト図書総目録』や、朝の読書の本選びにオススメの『YA朝の読書ブックガイド』を毎年発行し、皆さんへお届けしています!

FAQ

Q YA出版会は公共図書館、学校へはどのような取り組みを行っていますか?
A YA出版会では毎年「ヤングアダルト図書総目録」を作製しています。2015年版には110社2300点あまりの関連書を収録しました。日本で唯一のYA図書を収録した目録ということで、公共図書館、学校図書館の選書で活用されています。また、巻頭ページには、図書館や、学校、書店、著名人からのエッセイを掲載するなどして、工夫をしています。

Q YA出版会は読者に対してはどのような働きかけをおこなっていますか?
A 書店でのフェアを通してYA図書と読者が出会う場を作っています。毎年春に、YA世代向きの新刊書を厳選した「YA朝の読書ブックガイド」を発行していますので、本を選ぶ際に利用してほしいです。2015年版では、ロングセラーを含め160冊の図書を紹介しています。

お問い合わせ

ヤングアダルト出版会についてのお問い合わせはこちらから